カテゴリ:家づくり( 9 )

上棟から18週目


家づくりの方ですが、今週末で、内部の大工仕事は完了しました。週末は天気がよかったので、外壁の左官仕事も一気に終わったようです。
やはり外壁が塗られると雰囲気が変わります。

c0159421_17381737.jpg


c0159421_17382668.jpg

外壁の色目も、塗られるまでは心配していましたが、予想通りの色合いで安心しました。

内部の大工仕事です。
c0159421_17401486.jpg

ワークスペース兼パソコンスペースは、ダイニングとリビングの間に作りました。
リビング側は壁ですので、子供が勉強している時にもTVが目に入りません。ダイニング、キッチンからはルーバーがあるので、見えず隠れずといった状況になり、ある程度のプライバシーは保てます。

c0159421_17463151.jpg

120cm水槽の設置場所です。今はボードが置いてあります。写真を撮るときに動かそうとしましたが、重くて腰を壊しそうだったので、そのままです。
排水口は40Aで、OFの濾過槽が75㎝でとれるよう右側に寄せて設置しました。cube a stumpが到着したら、位置合わせで底板に穴を開けてもらい設置します。
中途半端な高さであいている奥の部分がメンテナンス室で、今のところクーラー、ミドボンを入れる予定です。メンテナンス室の壁には、ソーラーIのタイマー、安定器を壁つけにしていきます。
水槽を設置すると、メンテナンス室との境にちょうど8cmの隙間があきます。この8cmは、出水のリリイパイプがちょうど設置できる高さに設定しました。これはアクアジャーナルバックナンバー(GRAND TANK)に連載されていた新潟の老人福祉施設のADA管理水槽の設計を参考にさせていただきました。
[PR]
by takaono72 | 2008-09-28 18:09 | 家づくり

上棟から14週目


先週は夏休みをとって家族で浜松市天竜区にある春野町のキャンプ場に1泊キャンプに行ってきました。
子供たちと一緒に久々の川遊びやバーベキューができて楽しかったです。

帰りに春野町の大光寺にある春埜杉をみてきました。推定樹齢1300年で、幹囲は10m以上。本堂前の石段を少し下ったところにあるのですが、あまりの存在感に全員が一瞬、言葉を失ってしまいました。樹種は違いますが、子供たちにはトトロの木に見えるようです(笑)


c0159421_20103113.jpg


c0159421_2011518.jpg


家の方ですが、先週から外壁の工事に入っています。この上から最終的にはジョリパットを塗っていきます。

北面の玄関側です。


c0159421_20395887.jpg


西面で遊歩道に面しています。北面から西面に続く杉板張りが家のアクセントとして拘った部分で、大工さんの職人技です。
c0159421_20203859.jpg


南面です。大開口部分の建具も入りました。大開口を繋ぐような形で8畳ほどの広いウッドデッキが入ります。
c0159421_20254164.jpg


早く、このウッドデッキから120cm水槽を眺めて、お酒をチビリチビリやりたいです・・・・・
[PR]
by takaono72 | 2008-08-29 20:22 | 家づくり

上棟から10週目


仕事が忙しく、しばらくブログの更新ができませんでしたが、家づくりの方はほぼ予定されたペースで順調に進んでいるようです。

c0159421_1950352.jpg


c0159421_19502287.jpg


塗り壁用の下地が張られています。この板の部分は、すべてジョリパットという塗り壁材で仕上げていきます。
内装の方は、現在、配線関係が終わり、いよいよ無垢の床材が張られ始めました。1Fはバーチの亜麻仁オイル塗装、2Fはパインにしました。毎日、すこしづつ内装ができていますが、床板は仕上げた部分から養生シートをはっていくので、全体像は引き渡し前の披露となります。

120cm水槽導入計画の方ですが、依頼していたキャビネットCube a stump120cmの制作過程がsoyokazeさんのブログで紹介されました。予想はしていましたが、素晴らしい出来栄えで感動しています。色は、迷いに迷いましたが、ADAギャラリーと同じく、ガンメタリックにして、キャビネット内も水がこぼれても良いように、同じガンメタのメラミン加工で仕上げてもらいました。そして天板のオーバーフロー加工もしていただきました。新居の進み具合に合わせ、9月中旬に配送してもらう予定です。

そして久々の60cmSUIKEIです。作成から時間が経過し、濾過もずいぶんと安定してきました。換水も2週間に1回ですが、コケも皆無で、オトシンが飢えています。有茎草はADA侘び草を2個ほり込んだだけです。侘び草は管理も簡単でいいですね。120SUIKEIにも導入しようか検討しています。


c0159421_20121230.jpg

[PR]
by takaono72 | 2008-07-25 20:22 | 家づくり

上棟から4週目


早いもので上棟から4週間目に入ろうとしています。
上棟した時は柱だけでしたが、着々と工事が進んでいます。

c0159421_19245128.jpg


骨組みだけのところに耐力壁が入りました。
軒の深い駐車場の屋根は、自分が気に入っている部分の一つです。軒下から屋根の裏側には無垢の杉板が張られてれていく予定です。駐車場の屋根を作ったために延べ床面積が増えてしまう結果になりましたが、いざ、こうしてみると作ってよかったと思えます。

c0159421_19313173.jpg


その後、1週間ほどで耐力壁をくり抜いて、窓になる部分にサッシが取り付けられました。屋根のガルバ板金工事も終わっています。
こうなると徐々に家の全体的なイメージがつくようになってきました。

c0159421_1936331.jpg


床の下地工事が進んでいます。サッシの入っていない部分はL字型の大開口の部分で、その先は、8畳ほどの大きさのマニルカラを使用したウッドデッキになる予定です。大開口の部分はサッシではなく、特注の建具になります。

明日から配管、配線工事が入ります。
そして今週末はシンボルツリーを何にするか、植木屋さんに選びに行ってきます。

[PR]
by takaono72 | 2008-05-27 19:45 | 家づくり

上棟

5月2日に無事、上棟を済ますことができました。
週間天気予報では、晴れマークだったのですが、当日になってみると、残念ながら、曇りのち雨といった天気でした。
そのような中、朝8時から大工さんたちと工務店の方が、一生懸命作業をして下さり、雨が本降りになる前に屋根の部分が終了しました。
後から聞いたのですが、上棟日の雨というのは、[(幸運が)振り込む]、[雨降って地固まる]ということで、喜ばれるらしいですね。[晴れる]に越したことはなかったですが、まあ、何よりも無事に終ったのでほっとしています。そして、本当に沢山の方々からお祝いの言葉とお品をいただきました。
c0159421_11472915.jpg
c0159421_11474243.jpg


そして、直前まで、決行できるかどうか心配だった餅まき。
午後になってから、雨が本格的に降ってきたのですが、それにも関わらず本当にたくさんの方々が来てくれました。本当にありがたいことです。息子の幼稚園、小学校の同級生たちもたくさん来てくれて、大いに盛り上げることができました。お餅以外に駄菓子やボールも多めに用意しておいて良かったです。二人の息子たちも大喜びで、投げていました。

家づくりは、本当にいろいろな方々のサポートと好意を受けながら進んでいくものだと改めて感じました。今後も、自分たちの家づくりに関わっていただける人たちとの交流を大切にしながら、楽しんで進めていきたいと思います。

[PR]
by takaono72 | 2008-05-04 12:04 | 家づくり

着工5週目


久々のブログ更新です。
前回の記事から、すでに1ヶ月以上あいてしまいました。
季節も春になって、すっかり暖かくなっています。

昨日、息子と散歩に行ったときに見つけて持ってきたカマキリの卵からたくさんの子供が生まれているのに気付きました。見つけてきたのが2週間くらい前。ベランダのブラックベリーが植えてあるプランターの片隅に、ついていた木の枝ごとさしておいたのをすっかり忘れていました。

c0159421_10421741.jpg

この中から、成虫になれるのは、ほんの僅かなんでしょうね。


家づくりの方ですが、3月8日に無事、地鎮祭を済ませることができました。現在、着工5週目に入っていますが、基礎が出来上がり、5月2日に建前の予定です。週間天気予報では、晴れのようですが、施主の日頃の行いが良ければ、うまくいくことでしょう・・・・・

c0159421_10442315.jpg

柱もすでに、搬入され、ブルーシートで覆われています。

c0159421_10454778.jpg

ここが、120cm水槽の設置場所です。
玄関ホールからダイニングに入った右手です。ダイニングやリビングからはもちろん、大開口の部分を通してウッドデッキからも見れる場所に設置しました。OFにした場合の重量にも対応できるよう、床下の補強は、しっかり行ってあります。
そろそろ水槽周りの器具について、何を使用するかを最終決定をしなければならない時期になってきています。OFで行く予定なのですが、優柔不断な自分は、最近になってADA120クリアにも心が揺らいでいます。導入する魚でも迷いそう。ですが、あれこれと迷っている今の時期を楽しみたいと思います。

[PR]
by takaono72 | 2008-04-29 11:02 | 家づくり

建築工事契約


運命の見積もり概算から3週間。
軽自動車5台分の予算オーバーをどのように修正するか・・・・・
設計士さんが提示してくれた修正案と睨めっこをしながら考えてきました。
家の基本的なデザインや材料の質は、あまり変えたくなかったので、まずは坪数を少なくすることを考えたのですが、耐力壁などの関係からあまり修正できないことが判明し、しかも思った程の減額になりませんでした。
こうなると、自分たちの体で払える部分は、とことん払おうということで、土地に生えていたツツジの木の伐採と処分、栗の木の抜根後の処分を自分たちで行うことにしました。幸い、妻の実家がみかん農家ですので、広大な畑があります。無理を言って、畑での焼却処分をお願いしました。また、床のオイル塗装も引渡し前に自分たちで行うことにしました。
他、住設や建具、内装材の見直しを行って、最終的なオーバー額は軽自動車3台分くらいになりました。

そして2008/2/23、午前中はローンの審査、夜からは設計士さんとの打ち合わせでした。設計士さんから契約書内容の丁寧な説明を受けた後、建築工事請負契約書に押印して締結しました。地鎮祭、上棟式の日時も決定し、いよいよ家づくりが本格的にスタートです。

来週からは、配線、照明の計画と外壁、内装の色きめを行っていきます。水槽周りの配線(メタハラの吊り下げ、コンセントの数、位置、ワット数など)も打ち合わせを行っていく予定ですので、また記事にしていきたいと思います。

[PR]
by takaono72 | 2008-02-24 01:17 | 家づくり

運命の見積もり


昨日、設計士の方から、見積もり額の提示がありました。
床材、内装、住宅設備(バス、キッチン)など、すべてにおいて自分たちの気に入ったものをデザインや質重視でチョイスしてきましたので、オーバーは覚悟していましたが・・・・・・
実際のオーバー額は軽自動車5台分くらいでした(泣)

減額案として
①1Fのリビング、ダイニングの床材をバーチ(無垢)→ナラ、タモ、ラーチ(無垢)などに変更
②オイル塗装を自分たちで行う(これだけでも12万円くらいは違んです。筋肉痛は覚悟でやるしかありません)
②内装の塗り壁をINAXのヌリカラット(原油価格の高騰などで値上げ)→アイカ工業のジョリパットに変更
③子供部屋は月桃紙の予定でしたが、クロスに。
④住設(特にキッチン)のグレードを下げる。(妻の意見が最優先)
⑤本棚や収納などの造作家具の見直し

そして減額案の最終兵器は坪数をもう少ししぼること。0.5坪が30万円ほどの差になるんです。耐力壁や柱などの関係で大幅なデザイン変更はできませんが、設計士さんともう一度相談したいと思っています。
一生に一度の買い物ですからクオリティを落としたくない部分、意匠的に重視したい部分もありますが、ローンなどの現実問題とのかねあいもあります。とりあえず、今週末に、材木屋さんにいって床材を検討し、もう一度打ち合わせです。

そうして、こうなると矛先は、水槽の方にも・・・・・
ADAとOFにはできる限りこだわりたいので、レヨ●とチ●ーム、オークションを駆使して、安く入手する努力をまずはしてみたいと思います。

[PR]
by takaono72 | 2008-02-04 16:12 | 家づくり

家づくり①

新年明けましておめでとうございます。
昨年、12月から始めたブログですが、今年もマイペースで更新していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

家づくりの進行状況についても更新していきたいと思います。

思えば、去年の初夏に気に入った土地が見つかり、購入の目処がたったことから、家づくりが急遽スタートすることになりました。

どのメーカーで家を建てるか?

元来、自分も妻も家づくりにはそれなりのこだわりがあり、ハウスメーカーよりは、自分たちの希望を細かく取り入れてもらえそうな地元の工務店もしくは建築家に設計を依頼することを決めていました。何社かを迷いましたが、最終的に、以前から見学会に参加していた地元の工務店に設計を依頼することにしました。
設計士さんは、自分たち夫婦と同世代の女性の方だったのですが、家づくりを進めていく上で、非常に頼りにさせていただいています。家事動線、特にキッチンなどの使い勝手、細かな点は実際に家事をしている女性じゃないとわからない部分が多く、その点は女性の設計士さんで良かったと思えます。また同世代であるため、こちらとしても気兼ねなく意見を言えて、議論ができる点も良かったと思えます。やはり、どこに設計を依頼するか、設計士さんとの相性はどうかという点が、すべての基本にあると実感しました。

家の間取りについては、”リビングとダイニングがウッドデッキでつながる大開口のある家”というコンセプトで進んでいます。当初、水槽については、リビングダイニング側とウッドデッキ側の両面から鑑賞できるように設置する予定だったのですが、耐力壁の制限や間取り自体に制限が出てしまうなどの問題で、最終的に玄関からダイニングに入ってすぐの部分に120cm水槽を設置することで落ち着きました。メンテナンスが楽になるように給排水を水槽下に設置することや、なるべくシンプルでスタイリッシュに鑑賞できるような工夫を過去のアクアジャーナルやADAのカタログを見ながら設計士さんと検討してきました。
水槽周りの湿気も、長期的に見れば問題になると思い、壁は湿気に強いINAXのヌリカラットを使用することに決めました。色合いは、コンクリートっぽい無機質な感じの色を選択する予定です。


120のレイアウトですが、ADAのホワイトウッドでいく予定です。妻からは理解不能といわれます(そりゃそうですよね・・・・)が、ここ1年位で枝うねり系の大きめホワイトウッドを見つけては購入しています。そんな中、新年早々、ネットでホワイトウッドを見つけてまたまた購入してしまいました。ここまで来ると、ほとんど流木フェチの世界です。
c0159421_11203649.jpg

[PR]
by takaono72 | 2008-01-03 11:42 | 家づくり