運命の見積もり


昨日、設計士の方から、見積もり額の提示がありました。
床材、内装、住宅設備(バス、キッチン)など、すべてにおいて自分たちの気に入ったものをデザインや質重視でチョイスしてきましたので、オーバーは覚悟していましたが・・・・・・
実際のオーバー額は軽自動車5台分くらいでした(泣)

減額案として
①1Fのリビング、ダイニングの床材をバーチ(無垢)→ナラ、タモ、ラーチ(無垢)などに変更
②オイル塗装を自分たちで行う(これだけでも12万円くらいは違んです。筋肉痛は覚悟でやるしかありません)
②内装の塗り壁をINAXのヌリカラット(原油価格の高騰などで値上げ)→アイカ工業のジョリパットに変更
③子供部屋は月桃紙の予定でしたが、クロスに。
④住設(特にキッチン)のグレードを下げる。(妻の意見が最優先)
⑤本棚や収納などの造作家具の見直し

そして減額案の最終兵器は坪数をもう少ししぼること。0.5坪が30万円ほどの差になるんです。耐力壁や柱などの関係で大幅なデザイン変更はできませんが、設計士さんともう一度相談したいと思っています。
一生に一度の買い物ですからクオリティを落としたくない部分、意匠的に重視したい部分もありますが、ローンなどの現実問題とのかねあいもあります。とりあえず、今週末に、材木屋さんにいって床材を検討し、もう一度打ち合わせです。

そうして、こうなると矛先は、水槽の方にも・・・・・
ADAとOFにはできる限りこだわりたいので、レヨ●とチ●ーム、オークションを駆使して、安く入手する努力をまずはしてみたいと思います。

[PR]
by takaono72 | 2008-02-04 16:12 | 家づくり
<< 建築工事契約 ダイニングチェア >>