家づくり①

新年明けましておめでとうございます。
昨年、12月から始めたブログですが、今年もマイペースで更新していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

家づくりの進行状況についても更新していきたいと思います。

思えば、去年の初夏に気に入った土地が見つかり、購入の目処がたったことから、家づくりが急遽スタートすることになりました。

どのメーカーで家を建てるか?

元来、自分も妻も家づくりにはそれなりのこだわりがあり、ハウスメーカーよりは、自分たちの希望を細かく取り入れてもらえそうな地元の工務店もしくは建築家に設計を依頼することを決めていました。何社かを迷いましたが、最終的に、以前から見学会に参加していた地元の工務店に設計を依頼することにしました。
設計士さんは、自分たち夫婦と同世代の女性の方だったのですが、家づくりを進めていく上で、非常に頼りにさせていただいています。家事動線、特にキッチンなどの使い勝手、細かな点は実際に家事をしている女性じゃないとわからない部分が多く、その点は女性の設計士さんで良かったと思えます。また同世代であるため、こちらとしても気兼ねなく意見を言えて、議論ができる点も良かったと思えます。やはり、どこに設計を依頼するか、設計士さんとの相性はどうかという点が、すべての基本にあると実感しました。

家の間取りについては、”リビングとダイニングがウッドデッキでつながる大開口のある家”というコンセプトで進んでいます。当初、水槽については、リビングダイニング側とウッドデッキ側の両面から鑑賞できるように設置する予定だったのですが、耐力壁の制限や間取り自体に制限が出てしまうなどの問題で、最終的に玄関からダイニングに入ってすぐの部分に120cm水槽を設置することで落ち着きました。メンテナンスが楽になるように給排水を水槽下に設置することや、なるべくシンプルでスタイリッシュに鑑賞できるような工夫を過去のアクアジャーナルやADAのカタログを見ながら設計士さんと検討してきました。
水槽周りの湿気も、長期的に見れば問題になると思い、壁は湿気に強いINAXのヌリカラットを使用することに決めました。色合いは、コンクリートっぽい無機質な感じの色を選択する予定です。


120のレイアウトですが、ADAのホワイトウッドでいく予定です。妻からは理解不能といわれます(そりゃそうですよね・・・・)が、ここ1年位で枝うねり系の大きめホワイトウッドを見つけては購入しています。そんな中、新年早々、ネットでホワイトウッドを見つけてまたまた購入してしまいました。ここまで来ると、ほとんど流木フェチの世界です。
c0159421_11203649.jpg

[PR]
by takaono72 | 2008-01-03 11:42 | 家づくり
<< 60cm SUIKEI 120㎝SUIKEI 計画と設計① >>